いま、最も注目されているコインパーキング経営|収入のイズミ

いろいろな運営

アパート

駐車場には構造として平面駐車場と立体駐車場、経営方法として月極駐車場と時間貸し駐車場という種類のものがあります。
ここでは、駐車場の構造の2種類について1つずつ紹介していきます。一つ目の平面駐車場は平地に自動車1台の駐車スペース分ごとに駐車枠を引いた駐車場のことを言います。この構造の駐車場の場合、土地の広さ分しか車を駐車することは出来ません。しかし、駐車枠を引くだけでも駐車場経営を始めることができるので、あまり費用もかからず誰でも簡単に経営をスタートさせることが出来ます。
次の立体駐車場は平地ではなく、数階ある建物を建設し駐車場にしたものを言います。
立体駐車場には、機械操作をし車を駐車スペースまで運ぶ機械式のものと、自分で車を走らせて駐車スペースまで行く自走式の2種類があります。立体駐車場は、建設するために多少の費用がかかってしまうのですが…建設後は多くの車を駐車するスペースを確保することが出来るため、一度に利用できる車の台数が平面駐車場と比べると、多くなります。その為、周りの環境等によっては多くの収入を得ることが可能になります。
周りの環境、車の使用量によって駐車場の利用率は変わってきます。せっかく、大きな駐車場を作っても利用者がいなくては全く意味がありません。ですので、駐車場経営を始める際には、周りの環境や車の使用量を考えて構造を選択することが大切です。

これまでの駐車場経営について知識や情報を知ることができました。駐車場経営はより気が楽に始められる不動産投資になります。より多くの収入を得るためにも土地の立地条件や周辺状況がどのようになっているのかを知っておくことが大切になります。